ガラスの仮面 エイケン版 (全23話)

ガラスの仮面 エイケン版 (全23話) に関する記事です。
最新の情報をお届け!   ニコニコBOX 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の最新アニメ一覧
YouTube等アニメ大全のショッピング

エイケン版
1984年4月9日-9月24日、日本テレビ。全23回(ただし第23話は総集編であり、実質的には22話)。制作はエイケン。

かつて舞台『紅天女』(くれないてんにょ)で主役を演じ、大女優と謳われた月影千草は、芸能界を引退し、今は横浜で静かな生活を送っていた。そんな月影の下をたびたび訪れる男たちがいた。大都芸能の社長令息・速水真澄と演出家の小野寺一である。彼らは原作者から『紅天女』の上演権を譲られている月影から上演許可を得て、女優の姫川歌子主演で『紅天女』を上演しようと目論んでいたのである。しかし、月影は『紅天女』の主演は自分もしくは自分が育てた女優にしか演じることは出来ないと言って、彼らの申し出を拒絶する。そして、10年待って、自分が育てた女優が大成することが出来なければ、上演権を譲ると言い放つのだった。
wikipediaより



第1話 「春の嵐」

第2話 「紫のバラの人」

第3話 「美しいライバル」

第4話 「孤独な戦い」

第5話 「ふたりの美登利」

第6話 「全国大会のワナ」

第7話 「たったひとりの舞台」

第8話 「真澄の熱い想い」

第9話 「初めての映画出演」

第10話 「新しい試練」

第11話 「舞台あらし」

第12話 「わたしはキャサリン」

第13話 「恋はモザイクもよう」

第14話 「新しい役は人形」

第15話 「ようこそ!地下劇場へ!!」

第16話 「母の面影」

第17話 「紫のバラの人はどこに」

第18話 「ヘレンへの挑戦」

第19話 「白熱のオーディション」

第20話 「二人のヘレン」

第21話 「助演女優賞候補!!」

第22話 「新しい扉」

第23話 「わたしのマヤ」 

今日の最新アニメ一覧
YouTube等アニメ大全のショッピング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cococoron.blog53.fc2.com/tb.php/565-c858135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。